名刺交換

企業で働くサラリーマンなどは常識のように行っている名刺交換ですが、そもそも名刺交換にはどのような目的があるのでしょうか。
名刺交換は、自分がどこの会社に勤めていてどんな仕事をしているのかを知ってもらい、また相手の情報も知る為に行われます。
そして、今後のビジネス展開に繋げるということが目的といえるでしょう。
名刺交換は通常、初対面の相手と行うもので、『初めまして』の挨拶になります。
つまり、第一印象がここで決まってしまう為、サラリーマンにとって名刺交換はとても大事なコミュニケーションのひとつといえます。
この名刺交換のマナーが悪いと、その人個人の第一印象はもちろんのこと、会社としての印象も悪くなってしまう為、社会人として正しいマナーで名刺交換できるということが大ことです。
基本的な名刺交換のマナーは、受け取る場合と渡す場合によってマナーが異なります。
名刺を受け取るときのマナーには、まず、相手の会社のロゴや名前を指で隠さないこと、次に受け取った名刺に相手の目の前でメモなどを書き込まないことがあります。
また、名刺は目下の人から渡す、仮に同時に名刺を出してしまった場合は「お先に頂戴いたします」といって受け取るといったことが大切です。
渡すときに気をつけるべきマナーは、相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で名刺を差し出すこと、名刺をテーブル越しには渡さないこと、折れたり、汚れたりしている名刺を渡さないことです。

Copyright © 2014 名刺交換の必要性 All Rights Reserved.